インフラの世界に浸って、

NECがPC9801が出てそれを某金融機関の若手ITスタッフとして全店展開からはじまり、LANや商用インターネットの原点からどっぷりとインフラに浸かって30年。その間1993年~2004年初頭までNYでPC、VAX、UNIXそしてLANやWANをローカルスタッフの親方として従事。そして今、現役としてモバイルやデータセキュリティのプロダクトセールスをする異端児オヤジのインフラ話

ひと仕事終わりました!、そしてこれからが本番

昨日、某金融機関のセキュリティコンサルの最終打合せを終了しました。三時間を越える納品物レビュー。今は、お客さんよりも既存の手続きや規定のどこに何がどう書かれているがが分かる。
情報管理や情報セキュリティに関しては、どこの会社でも公的機関が出すガイドラインLINE等を理解して、整備が段階的に行われている。
でも、その大半は昭和の時代にオフィスオートメーション(今は死語?)などの言葉にはまるコンピューターや事務機器をベースとしたもので、モバイルなんてものは想定していない。
モバイルを導入するためには、この手続きや規定で築き上げられた巨大な壁を拡張する必要がある。
ルールだけではありません。運用も変える必要がある。
また、それらに関わる人間も頭を切り替える必要があります。
今回のお客様は、その切っ掛けを手にすることが出来たと思う。
運用も体制も変えていかなければ、モバイルの活用、働き方改革そして生産性改革には繋がらない。
この縁を大事に!、そして更によいお客様とのリレーションシップを目指してまさに今がスタートラインです。


さぁ、今日も1日頑張るぞ‼

情報セキュリティコンサル

情報セキュリティコンサルって言うフレーズは、普通に考えると脆弱性診断をイメージされることが多いと思います。
自分が担当する情報セキュリティコンサルは、それとは異なります。
PCを中心に普及した情報社会、そしてそこにインターネットが加わることで、企業内の情報管理が段階的に整備されて来ています。
そんな企業では、情報管理や情報セキュリティに関連した規定やガイドラインが作られています。もちろんシステム的な実装もされている。でも、情報漏洩という事故は消えません。
完璧な守りを作ることは不可能なのです。
そして、モバイルの活用が始まりまた、大きな課題が生まれています。それは、企業内で考えれば良かったことが、企業の外でも安全に業務が出来るものへのニーズが高まっている現状です。
そんな企業のサポートをするのがセキュリティコンサルの仕事です。
既存のルールをベースに情報管理や情報セキュリティに関する企業の様々なリスクを可視化します。そして可視化されたリスクをベースにモバイルに必要な規定やガイドラインを作成するお手伝いが自分のやっているコンサル業務です。


ルールやガイドラインがあれば良い訳ではありません。何かが起きた時や起きた事を想定して即時にリスク判断か行える体勢を作ることが大事です。


今、そんなコンサル作業のクローズを迎えているお客様がいます。2ヶ月に渡る関係者を集めてのセッションでそれぞれに多くのものを得たと思います。
その証として、お客様から「良かったよ」というコメントを頂きました。
皆さんの会社では、情報管理やセキュリティに対する考え方やリスクを可視化されていますか?、関係する方々の認識が共通化されていますか?


いつでもお声掛け下さい❗

心機一転して、ブログ再開

会社の新年度が10月から始まりました。
マザーズに上場してちょうど一年
自分が営業として働きだして三年目に突入
なんとなく、マーケティングっていうものが感じられるようになってきた。今、営業だけでなくコンサルの仕事などがパラレルで稼働中。
昨日は、ようやくセキュアストレージの製品の某顧客でのトライアルが始まるところまで辿り着いた。正直、ここまでの工数を考えると1人月は掛かっている。ちょっと取りそびれに反省もあるけど、正式採用までいけば、その先は大きく広がるので小さな事には拘らない。ある意味、ダメ営業マンです。
でも、時間を使った分だけお客様も情シスでないのにしっかりとしたドキュメントに仕上げてくれている。
それをみるとやった甲斐があると実感できる。
さぁ、これからトライアル利用者に説明を段階的に行い、トライアル。
あとひと踏ん張りです